債務整理は地元・沖縄の弁護士にご相談下さい

地元の弁護士と遠方の弁護士の違い

東京の弁護士など遠方の弁護士が、債務整理(自己破産、個人再生、任意整理)の広告などを行っております

地元の弁護士に相談した方がいいか、全国展開をする遠方の弁護士に相談をした方がいいか、という点について、特別の事情がない限り、地元の弁護士に相談した方がいいと思います。

沖縄県内の方については、地元・沖縄の弁護士にご相談されることをおすすめします。



債務整理は、地元・沖縄の弁護士にお任せ下さい。

ご相談は何度でも無料です(時間制限もありません)。

地元の弁護士に相談した方がいい理由

面談で相談をするのが一番です

借金問題の解決のためには、借金を負った経緯、現在の収入状況、資産状況などを把握した上、最善の方法を見つける必要があります。


そのためには、相談者の状況を弁護士が十分理解する必要がありますが、お会いして相談に乗るというのが非常に大切になってきます。コミュニケーションの仕方としては、電話やメールといった手段もありますが、実際に会って話をするというのが一番です。


この点において、地元の弁護士に相談する方がはるかに望ましいと言えます。

裁判所ごとに運用が違います

借金の整理の方法には、主に、自己破産、個人再生、任意整理というものがありますが、自己破産、個人再生は、裁判所の手続を利用して行います。

ただ、自己破産や個人再生の手続は、裁判所ごとに運用が結構異なります。

そのため、裁判所の運用を熟知しているのは、地元の弁護士です。那覇地方裁判所の運用を熟知しているのは、沖縄の弁護士です。

この点からも、沖縄県内の方は、沖縄の弁護士にご相談されることをおすすめします。

費用を確認してみて下さい

遠方の弁護士が全て高額とは限りませんが、大々的な広告を出している全国展開をしている法律事務所・弁護士の債務整理の費用には、一般的な弁護士費用と比べ、高額なものが散見されます

安ければいいというものではありませんが、一度、弁護士費用を確認されることをお勧め致します。

日本弁護士連合会の規程(面談の義務)

日本弁護士連合会のルールでは、弁護士は、原則として、面談により事情を聴取せずに、債務整理の依頼を受けてはいけません。


沖縄県内の法律事務所を設けていない遠方の弁護士の一部が、このルールに違反し、電話だけで債務整理の依頼を受けている例が見られますので、ご注意下さい。

法律相談のご案内

相談料:初回無料(※)
相談時間:平日午前9:30~午後5時
※借金問題(債務整理)のご相談は何度でも無料です(時間制限もありません)。その他の相談は初回30分以内とさせて頂きます。

横浜オフィスのご案内

弁護士法人TKY法律事務所 横浜オフィスのホームページはこちらをご覧下さい。
編 集